“黄色い”グリーンパークを駆ける-みえスポーツフェスティバル2012OL大会

 9日、三重県津市は降雪こそ見られなかったものの、冷たい風の吹く寒い1日となった。みえスポーツフェスティバル2012オリエンテーリング大会が中勢グリーンパークにて行われ、30組もの参加者が、所狭しと駆け回った。

 三重県OL協会では先月に全日本スプリント大会を開催したばかりだが、1ヶ月と経たない中での新しい大会の開催で、この大会は三重県および三重県教育委員会が主催するみえスポーツフェスティバルの一環だ。三重県OL協会に加えてみえスポーツフェスティバル実行委員会も主管に名を連ねる。

121209s

MAのウィナーズルート。11→12で隣接にパンチ。

 テレインの中勢グリーンパークは津市あのつ台の中勢サイエンスシティに造られた公園で、整備された芝生広場が広く占める。会場は公園西部の第2駐車場横に設けられ、芝生広場より一段高い所にあり、スタート枠に向かう階段の上からはテレイン北側の大部分を見渡すことができる。会場にはいくつかのテントが張られたが、時折吹く強風にあおられ、その対策に追われる一幕も見られた。

 スタートでは、地図は自分で箱から取る方式が取られ、全日本スプリント大会で得た教訓が生かされたようだ。コースは狭い範囲を引き回すため、一部のクラスでは1枚の紙面に上下に2面の地図が印刷された。先の全日本リレー大会でも多くのクラスで見られた形式だ。ただ、本大会では上面における最終コントロールが、下面ではスタートを表す△のマークとなっている。慣れないと戸惑うかもしれないが、この点はプログラムでも周知された。

 本大会では、全日本リレーにならってか男子65歳以上にMXVクラスが設けられているのが目を引いた。女子の個人クラスはWAやWSの参加はなく、WVで石田美代子(愛知OLC)が1位。MAは参加人数が2桁に達し、全日本リレーのMV、MSの1走トップが集った。走力対コントロール周りの手続きの早さという構図だったようだ。

 準備期間が短かったようだが、地図の精度をはじめ、競技に関する環境は高いレベルで整えられていた。三重県では今年度の全日本スプリント大会に続き、来年度は第2回となる全日本ミドル大会の開催が予定されている。

速報より

MA – 3km ↑40m
1 奥村 理也 0:15:45 OLC吉備路
2 角岡 明 0:16:10 三河OLC
3 平山 友啓 0:16:58 KOLA
WV – 2.3km ↑32m
1 石田 美代子 0:23:50 愛知OLC