夜の高速レース-シャンゼリO 2012

 シャンゼリO 2012は14日、茨城県つくば市の『二の宮』にて行われ、個人成績では松澤俊行が、団体では大阪硬派軍団・改がそれぞれ優勝した。

 2年ぶりとなる今回の大会でシャンゼリOも5回目。「もっと気軽に参加できるオリエンテーリングイベントを」、「オリエンテーリングをもっと日常に」というコンセプトでときわ走林会の開催するナイトO大会としてすっかり定着してきた。
今回はつくば市の二の宮公園を会場に、そこから南に約1km進んだ地点にある洞峰公園を含めたテレインでの開催となった。

 つくば市には広い範囲にわたって遊歩道が敷かれており、二の宮公園もその遊歩道と繋がっている。筑波大学から南に5-6kmほど伸びる遊歩道の途中には約1kmごとに公園があり、ランナーの集まる良いコースとなっている。
南橋にある赤塚公園は昨年8月にやはり大会が開かれており、その時も洞峰公園までが範囲となっていた。今回はその北側というわけだ。

i-faf68bfd5142c746b4435bd3e7976478-120114s.jpg

φループ部分

 大会は団体戦となっているが、リレーではなく全員一斉スタートでの合計タイムで競われる形式となった。スタートは二の宮公園と洞峰公園の間から始まり、500mほど進んで洞峰公園エリアを周り、二の宮公園へと帰るコースとなった。全員一斉スタートということもあり、バタフライ・φループによるパターン分けがなされていた。
φループは小さな正方形の公園の四隅を全部で6回パンチする形だったが、狭い範囲と夜の闇が手伝って(難しいわけではないが)方向感覚が狂いやすい区間となっていた。

 レースは最初の道走りで原田正彦が飛び出し、それを松澤を含めた4-5人が追う形となった。その後パターンが同じだった松澤と原田が激しいデットヒートを繰り広げるも、最終コントロールのちょっとしたミスで逆転し松澤が優勝した。遊歩道+公園でのレースとは言え、ナイトOでキロ5分を切る高速レースだった。

速報より(各カテゴリを統合しています)

個人成績
1 松澤 俊行 0:19:48 個人(当日)
2 八神 遥介 0:22:02 個人
3 朴峠 周子 0:23:25 個人(当日)
4 堀内 祐児 0:23:28 それでも走るか!A
5 宮城島 俊太 0:23:36 個人
6 田島 利佳 0:24:38 TEAM阿闍梨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です