おりらぼ-第19回:月間走行距離が200kmを超えました

 私事ではありますが、オリエンテーリングを始めて以来始めて月間走行距離が200kmを超えました。基本的にトレーニングは嫌いで、特に大きな目標があったわけでもないのに200km走ることのできた秘訣を書いておこうと思います。

うまくいかなかった「今まで」

 私は日本のトップ選手と話をすることも多いですが、自分との一番の差はやっぱりトレーニング量の差だと思っています。トップよりも少ない努力でどうして追いつくことが出来るのか。でも基本的にトレーニングは嫌いです。楽して強くなれるのであればそれが一番いいと思っています。

 オリエンテーリングを始めたのが1997年で、それから14年間?怪我等もありましたが、トレーニングを頑張ったり長い間サボったりでなかなかうまく継続することはできず、頑張ったと思っても走行距離は150km~180kmくらいでした。200km300kmというのは雲の上の話でした。

 トレーニングに関しても、色んな人の話を聞いて試してみたりしました。4回で考えて最初の3回をだんだん上げていって最後の1回を落として…という階段状を続ける、だとか2日走って1日休むペースがいい、だとか色々です。
ただ、私が間違っていたのは、話を聞いた人が既にちゃんとトレーニングできている人だったということでした。私のようにトレーニングが嫌いでサボリ癖が付いている人がそこから脱出する方法は聞いていなかったのです。

どうすればトレーニング量を増やせるのか

 私は考えました。絶対的なトレーニング量を増やしたい。ならば…毎日走るべきだよなぁ。でも、今までだってそう思いながらサボってしまったじゃないか。

 私は考えました。今は1回につき10kmくらい走っている。毎日走ったら300kmになってしまうじゃないか。1月の走行距離は78kmだったぞ。いきなりそんなに増やしたらまた故障するに決まっている。無理は良くない。

 私は考えました。なら、2月の走行距離を150kmと設定したら、1日5kmでいいじゃないか。これなら…。いやでも毎日5kmか…。どうせまたサボってしまいそうだ。寒いし。

 私は考えました。1日5km…3日で15km…これなら楽だな。10km、5km、0kmでも月150kmに達する。いやでも、これからを考えると、まずは「毎日走る習慣」を身につけたい。サボリ癖を何とかしたい。そうすればトレーニングする人として次の段階に行ける。

 私は考えました。3日で15kmを走る。これはノルマ。ただ3日で20kmになると月200kmでちょっと走り過ぎ(前月の倍以上)になるから、15km~20kmの間に収める。できるだけ毎日走る。距離は3kmでもいい。とにかく「毎日」が最優先。ただし雨とか雪とかそういうときは休む。

  • 3日で1セット。距離の調整などはすべてこのセット内で。
  • 1セットの距離は15~20km
  • なるべく毎日走る。これが最優先。ただし調子悪いときは無理しない。怪我しては元も子もない。
  • トレーニングの内容はまずは気にしない。それは次のステップ。習慣ができてから考える。

3日単位トレーニングでの実施結果

 この3日単位というのが私に合っていたようです。それまでは毎月の目標走行距離を設定しても、それに達するかどうかはある程度(10日とか半月とか)になるまではイマイチわかりませんでした。しかし3日ならすぐに分かります。それを積み重ねればちゃんとその目標距離になるのです。雨や用事で走れなくても調整しやすいですし。
3日間という短い間で目標(距離)を達成できたという自信・達成感を何回も得られるのも大きかったと思います。

 1日平均で5kmというとちょっと少なくて、トレーニング効果はあまり見込めないのですが、まずは「走る習慣を手に入れる」ことが最優先であり距離は副産物と割り切りました。走る習慣が出来たら、それから増やしていけばいい、と。その結果2月の走行記録は以下のようになりました。

i-e9d2f71d48c285909201617fe2922b4b-110401a.png

 残念ながら3日ほど休んでしまいました。そして月半ばで100kmに達したことで月200kmが見えてきてしまい、そこからは3日で20kmのペースに変えていました。その結果2月の月間走行距離は202kmとなりました。他の月に比べ日数が少ないにも関わらず200km達成できたことは大きな自信になりました。

 また、1回の走行距離が少ないということでトレーニング効果は薄いと思っていたのですが、効果はちゃんとあったようです。同じようなペースで走っていても明らかに心拍数は低くなっていたのです。最初は毎日走る疲労で心拍数が上がらなくなっているだけかな、と思っていたのですが、2ヶ月経った今では、やはり全体的に心拍数が低くなっているのを実感しています。

 1月の走行距離が78kmだったので、その2倍以上になってしまい、故障の危険も考えましたが、毎日の整理体操をちゃんと行い、身体との対話を増やすことで無事ここまで来ています。もちろんこれは誰でも前月の倍の量を走っていいというわけではなく、私がこれまで150km程度なら何度も走っている、ということがあるのだと思います。私もいきなり300km走ったらやはり故障していたと思います。

3月のトレーニング結果

 ただ、その後の3月は残念ながら何日も体調を崩し休んでしまい157.8kmでした。

i-5c06dbf7b4b767b1e33480c0a07eefb4-110401b.png

 157.8kmというと以前からすると頑張った方の月となるのですが、やはり200kmを超えた後だとサボってしまったように感じます。こうやって自分の中の常識が塗り替えられていくと、トレーニングしているんだな、と実感出来ます。

 この3日単位で考えるというのは、計画性のない私のような人に合っているトレーニング法だと思います。三日坊主でも3日はもつのですから。毎日走る習慣がつけば、そこからは1回あたりの走行距離を増やすなり、朝練を行い1日2回のトレーニングにするなど方法は幾つかあります。

 人間の身体は個人差もあり、一概にどのトレーニング法がいいとは言えませんが、こういう方法考え方もあるんだと思っていただければ嬉しいです。どうしてもトレーニングが続かない人や月あたりの走行距離が150km以下の人はぜひ1度試してみてください。

 余談ですが、私が大学生の頃、コーチの方から「学生エリートは月150kmが最低ラインだ」と聞きました。たぶんこれがずっと頭にあって、それからも月の走行距離が良くても150km付近だった(基準となってしまっていた)のだと思います。結局エリートになれなかったですし。あくまで「最低限の数値」であったのに、それに引きずられていたとは、愚かでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です