酒井にアクシデント、コースの1/3をポール1本で滑る-Ski-WOCミドル

猛吹雪の中のレースで日本の女王がアクシデントに見舞われた。Ski-WOCミドルディスタンスは23日に行われ、酒井佳子が1本のポールで競技をせざるを得ない状況となり、大きくタイムロスする結果となった。

堀江守弘からのレポートによると、酒井はコースの前半1/3の地点で「ポールのバスケット(ポールの雪面側に装着する板状の部品)が外れなくなった」とのことで、コースの2/3地点にあるデポジット(予備機材の交換地点)まで1本のポールで競技を続けなければならなくなった。その結果、第1中間(8番コントロール)から第2中間(13番コントロール)の2.1kmの所要時間は高橋美和が12分29秒であったのに対し、酒井は16分18秒と3分49秒の差をつけられた。

i-6ef9de97c629e6e969609bcb1445df6a-110324_timelines.png

ポールの交換後は酒井も追い上げたものの、フィニッシュタイムは高橋が1時間01分39秒で31位、酒井が1時間02分07秒で33位と、高橋に28秒届かなかった。なお白鳥桂子は1時間14分09秒で39位、島貫なつみは1時間32分35秒で45位となった。

左図は高橋と酒井のタイムライン。酒井は5→6間から減速しており、ここからデポジット(地図交換と同じ地点と思われる14番コントロール)までポール1本でのレースを強いられたと見られる。

splitsbrowser
http://www.skiwoc2011.com/pdf/splittimes/Middle/Spklasse.htm

i-e9ff08c7ed45cec4fb0c1e29121cd6a1-110324_horie_mids.jpg

フィニッシュ直後に倒れ込んだ堀江(中継画像より)

また男子は堀江守弘が55分46秒で45位、黒田幹朗が1時間06分42秒64位、渡辺幸が1時間07分27秒65位、高橋謙也が1時間15分33秒で70位となった。

なお優勝は女子が39分52秒でマルチコバ(ロシア)、男子が40分13秒でトゥーニス(フィンランド)。マルチコバは前回のルスツ大会リレーで銀メダルを獲得していたが、今回の金は個人戦で初のメダル。またトゥーニスは通算3回目の出場で、07年と09年のミドル2位が最高位であったが、今大会で初の金メダル獲得となった。

 

○国別メダル獲得数(金-銀-銅の順)
 i-a0572bd7d4f2b9dcba066f73d094e7ad-FIN.gif フィンランド  2-1-1 
 i-03f1438eb3136beba690ad96f1e7a28c-SWE.gif スウェーデン  1-1-2 
 i-4ce7ad6927027e5cd5e771b209a7663c-RUS.gif ロシア  1-2-0
 i-78eafb5597dd7b75cb9fb2bd271bfeb8-NOR.gif ノルウェー  0-0-1 

==

更に堀江からは現地から日本チームメンバーの感想が届いている。

黒田幹朗

時差の調整もうまくでき、フィジカル面では上々のコンディションです。今日まででスプリント・ミドルの2レースを終えたわけですが、両レースともに吹雪の中で集中力を維持することに非常に苦労しました。スプリントでは堀江選手との競り合いもあり、ほぼ最後まで緊張感のあるいいレースが出来ましたが、ミドルでは現在地を把握するのに精いっぱいで、スピードにのったナビゲーションができませんでした。この2レースをしっかり振りかえって、ロング・リレーにつなげたいと思います。

渡辺幸

スプリント…地図読みに多くの時間を使ってしまってスプリントらしいスピードがあまりで出せなかったです。ただ、あまりどっかに行くというのはなかったので初めてにしては良かったと思います。

ミドルディスタンスではロングレッグのところが難しくどういくか悩んだところです。それでも集中できたところはうまくいったので良かったです。

高橋謙也

最初のスプリントは、海外での試合が初めてで日本と違って難しく逆方向に進んでいたり、転んで地図の一部が無くなったり、思うように滑ることができませんでした。ミドルではスプリントの経験を生かし吹雪でコースがわかりにくかったこともあり、スピードよりも正確に自分の位置を確認しながら滑ることができたと思います。残るロングはスプリントやミドルよりも少しでも納得のいく滑りができるように頑張りたいと思います。

高橋美和

スプリントもミドルも調子は悪くないです。周囲に同じ位の選手が多く、競い合いができています。

明日のスプリントリレーにも出ることになりました。大勢の観客が動員されるそうなので(本当かな?)とても緊張しますが頑張ります!

島貫なつみ

今回、初めて出場して、2種目ともルート選択が難しかったです。また、吹雪でコースが見えなくて、たくさん迷いました。

まだまだいつものレースが出来ていないので、残りのlongは最後まであきらめないでがんばりたいと思います。

渡邉志保

私は、初めての世界選手権でスプリントに出場させていただきました。やっぱりポストを見つけたときの喜びはとても大きくてこれがスキーオリエンテーリングの楽しいところだなと思いました。ロングでは、少しでもミスなく、そして完走できるように頑張ります!

酒井佳子

テンダーレンは山岳地帯にあり、気象の変更が激しいです。直博さんのワックスアドバイスはとても助かります。明日はアシスト役ですが、日本チームが一つでも良い成績を残せるよう働きます。

白鳥桂子

今日、ミドルに出場しました。スタート地区でGPSを背中につけられました。自分のルートチョイスとトップ選手のルートチョイスの比較ができ、参考になりました。ロングではなるべく止まらないでスキーオリエンテーリングができるようになりたいです。明日は美和の応援とサポート役です。楽しみです。

武石雄市(監督)

最初に、この遠征に当たって多くの皆様から賛助金を頂戴し、心から御礼申し上げます。

山形を脱出して成田に着くまで北陸道ー関越道経由で一苦労し、成田でチェックインはしたものの搭乗前にガイガーカウンターで放射能チェックお受け、ソウル経由ーストックホルム経由で48時間後に漸くテンダーレンに入りました。

乗り継ぎ空港では一般の人々から大地震や大津波の被災に見舞いの言葉をかけられ、会場入りしてからは各国の知り合いや代表から心からのお見舞いと同情をいただき感謝の気持ちは感涙に達しています。

本日まで2レース終わりました。特に今日のミドルはスタートかフィニッシュまで猛吹雪の中、日本チームは全員予期以上の闘志を見せてくれました。特に、WOC初レースの高校生たちは物おじせず堂々と自分なりのレースを展開しています。

この調子だと近い将来必ずうれしい世代交代が行われるであろうと確信しています。明日から、後半戦に入り、男女各1名でチーム編成するミックスリレーから目を離せないレースが目白押しなので、日本の皆さまライブ中継をどうぞお楽しみください。

最終日のリレーには男女とも新人がメンバーに入ります、大きな大きなご声援をお待ちして老兵も力の限りサポートします。

==

24日には、初めての実施種目となる混合スプリントリレーが日本時間午後11時にスタートする。日本は堀江守弘と高橋美和のコンビで挑む。

 以下、速報より

MEN
1 i-a0572bd7d4f2b9dcba066f73d094e7ad-FIN.gifTUNIS Staffan FIN 40:13
2 i-4ce7ad6927027e5cd5e771b209a7663c-RUS.gifLAMOV Andrei RUS 40:35
3 i-03f1438eb3136beba690ad96f1e7a28c-SWE.gifARNESSON Peter SWE 41:42
45 i-7832294a1c41692251376f4378be35f5-JPN.gifHORIE Morihiro JPN 55:46
64 i-7832294a1c41692251376f4378be35f5-JPN.gifKURODA Mikiro JPN 1:06:42
65 i-7832294a1c41692251376f4378be35f5-JPN.gifWATANABE Yuki JPN 1:07:27
70 i-7832294a1c41692251376f4378be35f5-JPN.gifTAKAHASHI Kenya JPN 1:15:33
WOMEN
1 i-4ce7ad6927027e5cd5e771b209a7663c-RUS.gifMALCHIKOVA Polina RUS 39:52
2 i-4ce7ad6927027e5cd5e771b209a7663c-RUS.gifTRAPEZNIKOVA Alena RUS 40:27
3 i-78eafb5597dd7b75cb9fb2bd271bfeb8-NOR.gifKIRKEVIK Stine Olsen NOR 40:28
31 i-7832294a1c41692251376f4378be35f5-JPN.gifTAKAHASHI Miwa JPN 1:01:39
33 i-7832294a1c41692251376f4378be35f5-JPN.gifSAKAI Yoshiko JPN 1:02:07
39 i-7832294a1c41692251376f4378be35f5-JPN.gifSHIRATORI Keiko JPN 1:14:09
45 i-7832294a1c41692251376f4378be35f5-JPN.gifSHIMANUKI Natsumi JPN 1:32:35

One thought on “酒井にアクシデント、コースの1/3をポール1本で滑る-Ski-WOCミドル”

  1. 29日に帰国した堀江選手に酒井選手の件について詳しく聞いた所、「バスケットが外れ、無くなった(紛失した)」という状況とのことであった。バスケットをポールに接着し固定させるボンドが弱くなっていたことが原因と見られる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です