スキーOの2018年冬期五輪採用ならず

国際オリエンテーリング連盟(IOF)は10月31日、国際オリンピック委員会(IOC)に申請していた2018年に開催される冬季五輪でのスキーOの正式種目採用が見送られたと発表した。

IOC理事会が10月下旬にメキシコのアカプルコで開催され、2018年の冬季五輪では2014年のソチ冬季五輪と同じ7競技を行うこととし、新たに競技は追加しない事が決まった。

IOFのオーケ・ヤコブソン会長は「もちろん今回の決定は残念ではありますが、2018年が2014年と同じ競技で行われるということは、スキーOの五輪入りへの扉は引き続き開かれているということです。我々は引き続きスキーOの五輪入りを目指し努めて参ります」と述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です