北九州は秋の行楽日和!-第48回北九州市民体育祭オリエンテーリング大会

 10日、前日の雨も東に去り、西日本は各地で秋晴れに恵まれた。恒例の北九州市民体育祭オリエンテーリング大会が、小倉北区の足立公園を舞台に70人近い参加者を迎えて開催された。

 北九州市では1月に新春大会、4月に平尾台大会、そして10月に市民体育祭大会など、毎年多くの大会が開催されている。近年の地図作成能力向上により、いずれの大会も高い精度のO-マップが用いられる。本大会は競技中に近くの学校から運動会の声援が聞こえる中で行われた。個人クラス参加が20余人に対し、好天に誘われた家族連れを中心とするグループクラスの参加が多数を占め、参加者合計が69人にも上った。参加賞に地元特産の野菜が付き、参加費は北九州市民なら無料、市外からの事前申し込み者が600円と格安なのも参加者にとって嬉しい。

i-5110034a5fb7e08e7f00e94a0272f65c-101010s.jpg

MA上位2人のルート

 今回会場の足立青少年の家は、新幹線の九州への窓口、小倉駅から約3kmという好立地にある。周辺の森は植生の良好な部分がまとまった面積を持ち、古くからパーマネントコースが整備されるなどOLのテレインとして使われてきた。遊歩道が発達して一般市民にも親しまれているが、傾斜は急であり、ひとたび森の中に入れば、地方のテレインが持つ独特のタフさを感じさせる。

 コースは片斜面のテレインの特徴を生かしたものが組まれた。傾斜のきつい中で高い直進精度を要求するレグが見られるなど、道走り主体のテレインで開催された昨年とは様相が異なる。MAは、今年のJWOCチームオフィシャルで北九州市の隣街に住む石澤俊崇が、安定したレース運びで優勝。春の平尾台大会に続いて勝利するなど地元での活躍を見せ始めた。WAは、今大会ではMAと同じコースが提供され、半田博子がMAと比較しても表彰台に次ぐほどのタイムで優勝した。

 表彰式後、県内開催のOL教室や親子向け大会などいくつかのイベント案内が各関係者からなされた。福岡市では11月14日に福岡県OL大会、また隣の佐賀県では11月28日に嬉野市で佐賀県OL大会など、九州各地で活発に大会が開催される。北九州の新春大会は、来年1月23日「香月市民の森」にて予定されている。

速報より、

MA 3.7km up280m
1 石澤 俊崇 43:35 トータス
2 奥村 理也 46:58 ウルトラクラブ
3 新見 和教 1:06:36 緑外会
WA 3.7km up280m
1 半田 博子 1:17:30 博多OLC
2 佐久間 千恵子 1:53:37 博多OLC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です