絶好調!小林遼が故郷でV-第24回新潟大学大会

第24回新潟大学オリエンテーリング大会は26日、新潟県見附市の「大平森林公園2010」で開催され、MAは小林遼(東京大学4年)が、WAは小林美幸(長野県)がそれぞれ優勝した。

この日の見附市の天候は晴れ、最高気温は22.3度と半袖でも心地良いくらいの穏やかな気候に恵まれた。大会には当日申込者を含め93名が出走し、見附の森でさわやかな汗を流した。

使用テレインは「大平森林公園2010」。昨年11月に開催された全日本リレー選手権大会で使用されたテレインの南側を中心にコースが組まれた。

インカレの女子選手として上位の常連となっている新井宏美さん(新潟大4年)により設定されたコースはクロスが1ヶ所も無く大変見やすく、かつミドル競技としての難易度を維持した好内容となった。

MAの優勝は目下向かう所敵無し状態の小林遼選手(東京大学4年)。彼は新潟県燕市(旧吉田町)の出身であり、故郷での大会で見事に優勝を果たした。またWAは昨年の第23回大会でも優勝している小林美幸選手(長野県)が2連覇を達成した。

小林遼選手「やぶが残っていて走りにくいだろうとはイメージしていたが、想像以上のやぶの濃さで少し苦労した。序盤の2→4でミスし後ろの選手に追いつかれてしまったが、中盤からはペースに乗れ、道走りでもスピードを上げる事ができた。12→13が勝負レッグと見ていたが、ここもミスせずに走りきれた。楽しいレースだった。」

小林美幸選手「ルートチョイスで考えさせられるレッグがあり、林の中でもスピードをあげて走れない所もあった。来年3月の全日本大会に向け、この秋から冬もしっかりトレーニングを積んでいきたい。」

i-b9eafc46b3f50c4e7b56780c595d61f1-100926_men.jpg

MAの入賞者。左から
丸山選手(2位)小林選手(1位)中村選手(3位)
i-0be443fa913ae4beb3df51d00a7a57f7-100926_women.jpg

WAの入賞者。左から
増山選手(2位)小林選手(1位)平方選手(3位)

※LapCenterには全員分がまとめて掲載されているが、当日参加は表彰対象外。

今大会は平成22年度新潟県オリエンテーリング協会杯大会を兼ねており、優勝した2名には新潟県協会杯が授与された。このトロフィーは優勝者が持ち帰り次回大会まで保管しなければならないが、希望すれば新潟県協会に預けても良いこととなっている。今年の優勝した2名はいずれも県協会に預けた。

i-74b43c29def2e9886052251a36826bd7-window359l2.jpg

新潟県協会杯を手にした2選手
i-c2fc57adab861680eba830b671e10f6e-100926_mas.jpg

MAのウィナーズルート
i-55a1e65257b3c46ae16200194a867020-100926_was.jpg

WAのウィナーズルート

表彰式の後には恒例となった大ビンゴ大会が行われた。通常は早くビンゴを達成した人から豪華な賞品を獲得できる方法が一般的であるが、今回は趣向を変え、ビンゴとなった人は別に用意された抽選箱からくじを引き、そのくじに記された賞品を獲得できるという方式が採用された。なお今回の特賞には大会記念刻印付きのiPod-shuffle(約5,000円相当)が用意された。

ビンゴ大会や競技の入賞者に贈られる賞品は経費から購入されている物もあるが、多くは新潟大生の営業活動によって各協賛者より提供されている。この抽選会は様々なスポーツイベントで行われている参加者サービスの1つであり、新潟大大会に見習うべき点は多い。

今年も多数の豪華賞品が用意された

i-94630da868397deeff3dac8cac304724-100926_prize1.jpg
i-cb3c7ad2a9db9c50935d283f889aee82-100926_prize2.jpg

ビンゴになった人がくじを引く時には学生参加者から「iPod!iPod!」や「たわし!たわし!」(実際にたわしは賞品に無い)などのかけ声がかかり、くじの結果に一喜一憂する参加者の表情に笑いも起こるなどビンゴ大会も大いに盛り上がった。

今回のビンゴ大会で特賞を獲得したのは金沢大OLC4年の高橋愛衣さん。実はこのiPodはなかなかくじから登場しなかったため、特賞を引き当てた高橋さんは驚きの表情を見せていた。

i-92a16740ea0cd1c1f0a7fe90023bed68-100926_ai.jpg

特賞のiPodを獲得した高橋愛衣さん
i-469ace9df8a5a5c490422bf48b0af992-100926_ipod.jpg

大会記念の刻印が打たれたiPod
i-62f71d117af3fa644b2fe9407ffa3406-100926_koba.jpg

実行委員長の小林賢太朗くん

大会の全日程を終えた実行委員長の小林賢太朗前部長(新潟大4年)は、「大会の前日にコース付近でスズメバチの巣が見つかり、急きょ駆除の対応が必要になるなど大変な点もありましたが、無事に大会を終える事ができ嬉しく思っています」と語った。

今年の新潟大は20名を超える新入部員を獲得し、大学オリエンテーリング界での存在感をますます強めている。今後の同大学の活躍にも注目したい。

速報より、

MA – 3.760km ↑235m
1 小林 遼 0:39:09 東京大学
2 鎌田 健太郎 0:41:55 村松OLC
3 丸山 茂樹 0:42:03 長野県協会
4 中村 憲 0:42:35 鞍部同好会
5 瀧本 拓央 0:42:56 名大OLC
6 藤沼 崇 0:44:47 栃木県鹿沼市
WA – 2.890km ↑200m
1 小林 美幸 0:50:23
2 本間 信行 0:53:15 越王会
3 柴田 彩名 0:58:59 椙山女学園大学
4 増山 歩 1:09:32 越王会
5 平方 遥子 1:12:21 東北大OLC
6 小玉 千晴 1:14:24 椙山女学園大学OLC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です