満員の公園スプリント-東京スプリントO in 小金井公園

 東京スプリントO in 小金井公園は26日、東京都の『小金井公園』にて行われ、M21Aは新隆徳(入間市OLC)がW21Aは横澤夕香(ES関東C)がそれぞれ優勝した。

i-9be2fed160c0612fe5b45d50be6c04eb-100926_ks.jpg

M21A 新隆徳

 昨日に引き続き、朝は寒いが昼にかけて暖かくなるとても走りやすい秋の1日だった。東京スプリントシリーズの第2戦となった今大会だが、事前申込みは30名弱と寂しい様子を見せていた。しかし当日の転機もよかったこともあり、当日参加を含めて最終的な参加者数は100名程度となったようだ。
やはり1日を掛けないで気軽に短い時間で参加できる公園スプリントは当日参加が多いのだろうか。(それは当日の天気に大きく左右されるということでもあるが。)

 小金井公園はこれまでも何度も大会などで使用されてきたテレイン。今回はその東側を使ったコースが組まれた。印刷の都合で濃い緑の植え込みが黒の線に見えて困惑する場面もあったが、細かいルートチョイスなど、スプリントらしい面白さが詰まっていた。
また、この日も公園来場者は非常に多く、広場でバーベキューを楽しむグループなども多く見られた。コントロール周辺にも人が多く、最後のアタックで動揺し一瞬わからなくなる、という場面もあったようだ。

 M21Aで優勝したのは昨日に続き入間市OLCの新。この日も自転車で来場し、若干のミスはあったものの調子よく走れているようだ。

 体験コースとして制限時間30分のスコアOも併設されていた。こちらは全18コントロールで、普通にオリエンテーリング競技を行っているものならば制限時間内に全コントロールを回ることが出来る程度なので、実質フリーポイントOとなっていた。
こちらはE-Cardではなく特製CCにクレヨンチェックとなっていた。クレヨンチェックなら、どのコントロールを取ったか/まだ行っていないかが見た目で判別しやすいのでスコアOやフリーポイントOにはこちらの方が向いているのかもしれない。

 今大会は東京スプリントシリーズの第2戦であり、このシリーズは全3戦となっており、あとは12月のES関東C X’masスプリントを残すのみとなっている。

i-f44386de6e78a7da3c4f0905b9499ab0-100926_ts.jpg

埼玉県レク大会のコース

 小金井公園から10kmほど離れた航空記念公園では埼玉県レクリエーション大会inところざわが開かれていた。これは埼玉県レクリエーション協会が開くレク大会で、航空記念公園やその周辺で様々なレクリエーション競技を体験できるというもの。その1つとしてオリエンテーリングも行われた。

 こちらの公園も人が多い中での開催となった。コースとしては体験コースなので簡単で短い1kmのものが提供された。またパークO以外にクイックOとトレイルOも開設された。こちらも家族連れなどが体験しよく楽しんでいたようだ。

以下、速報より

東京スプリントO in 小金井公園

M21A – 3.4km
1 新 隆徳 0:16:23 入間市OLC
2 古里 亮太 0:16:51
3 水嶋 孝久 0:17:08
4 神谷 泰介 0:17:14 取手二校
5 斎藤 翔太 0:17:25 ボルネオを走る会
6 多田 宗弘 0:17:26
W21A – 2.7km
1 横澤 夕香 0:18:42 ES関東C
2 高橋 美和 0:20:17
3 小泉 佳織 0:20:22
4 清水 由布子 0:22:28
5 寺岡 倫子 0:23:53 東大OLK
6 塚八 ゆかり 0:25:53

埼玉県レク大会

1km
1 原田 正彦 0:04:41
2 西田 陽一 0:04:49
3 水嶋 孝久 0:05:02

One thought on “満員の公園スプリント-東京スプリントO in 小金井公園”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です