北東学連の実力は?-北東インカレ2010

 8月15日、栃木県矢板市において『前高原』を舞台に「2010年度北海道・東北学生オリエンテーリング選手権(以下、北東インカレ)」が開催され、MEは田邉拓也(東北大学3年)、WEは大沼由佳(東北大学3年)が制した。この大会は北東学連のインカレロング選手選考の2レース目(1レース目は東大OLK大会)でもあり、北東学連加盟員にとっては、現時点でロングレースにどこまで対応するかを試せる重要な機会である。

 ところが、そのような重要な大会にも関わらず、この大会には【大会1か月前を過ぎても要項が発行されない】という異常事態が生じていた。渉外に問題が起こったのか、などの憶測が飛び交う中で、開催日は3週間、2週間と迫っていき、ついには参加予定者に大会の開催自体が危ぶまれる事態となってしまった。最近、広報活動が遅れる大会がいくつか見られる傾向にあるが、これほど酷いものはおそらく初めてではないだろうか。広報活動は、参加者を集めるという意味でもちろん欠かせないものであるが、参加者に情報不足による不安を与えないようにという意味でも責任ある仕事が求められる。特に、選手権という名を冠するような競技形態であればなおさらである。この間、実行委員会は動かなくなっていた組織を再編成し、急ピッチで準備を進めていた。蓋を開けてみれば、大会当日は選手権の名に恥じない大会となっており、再編された実行委員会の直前準備は評価できるものであった。しかし、組織が動かなかったという事態は異常なものであり、そうなる事態を阻止できなかったことはやはり大きな問題があると言える。

i-87798271635eaa3c8f53971f49057610-100815_ms.jpg

ME-田邉拓也

 さて、今年の北東インカレの舞台『前高原』は、昨年のインカレロングが行われたテレインでもある。当時、選手権クラス最大勢力としてインカレロングに臨んだ北東学連の参加者はことごとく苦戦を強いられ、今年の選手権クラス出場者数を大きく減らしてしまった。奇しくも、今回はそのテレインで今年のインカレロングの選手選考が行われるということで、昨年の雪辱を期さんと大会に臨んだ参加者も多かった。

 大会当日は昨年と同様に日差しが強く、参加者には厳しいコンディションとなった。暑さと疲労によって集中力を乱す者も多く、また、地図の縮尺が馴染みのない15000分の1という点も、参加者のミスを誘った。その中で、MEでは三森創一朗(東北大学4年)、佐藤悠太(東北大学4年)の両名が優勝設定時間を切る70分台前半のタイムを出し、好成績を予感させた。しかし、その後、田邉がフィニッシュ。笑顔でフィニッシュした彼は、レースが充実したものであったことをうかがい知ることができる雰囲気であり、その成績に期待がかかった。計算センターで確定した結果は2位の三森を10分近く離す62分。特に、ほとんどの参加者が20分以上かかったロングレッグを15分で処理した点は見事であった。田邉の圧倒的な記録に、会場は驚きに包まれた。

i-896a18d5e2a0a3ce2894784e105e8266-100815_ws.jpg

WE-平方遥子

 一方、WEは大沼が細かいミスを重ねながらも、大きなミスをせずに安定した走りで優勝した。女子は1つのロングレッグに50分近くかかってしまう参加者も多く、これを無事にこなせたか否かで順位が大きく変わる結果となった。ロング競技では、やはりロングレッグは欠かすことのできない存在であり、ここで引っかかってしまった参加者はインカレロングまでにしっかりと対抗策を取ってほしい。

 難コースであるため、新入生にとっては完走も一苦労である。そんな中、MEは平野弘幸(東北大学1年)が全体8位、WEも高橋美誉(岩手大学1年)が全体9位の大健闘を見せた。平野は走力に優れる選手だが、今回は新入生の中ではミスの少なさが際立ち、新人の中でも一段階高い実力を見せつけた。また、高橋は同学年の男子と競り合って勝てるほどの実力があるとのことで、今後の成長が大いに期待される。

 秋のインカレロングまであと3カ月。昨年苦戦した北東学連の選手は、今年「アウェー」とも言える奈良の地で健闘することができるのか。また、今回活躍した選手がインカレでも活躍するのか、あるいは彼らを上回る選手が北東学連内から現れるのかについても注目したい。

 3か月もあれば、実力は良くも悪くも大きく変わる。

速報より、

ME – 6.47km ↑300m
1 田邉 拓也 1:02:07 東北3
2 三森 創一朗 1:11:59 東北4
3 佐藤 悠太 1:12:40 東北4
4 新見 健輔 1:19:03 東北3
5 戸田 瑛 1:21:00 東北4
6 中村 憲 1:26:54 東北2
WE – 4.79km ↑240m
1 大沼 由佳 1:28:59 東北3
2 平方 遥子 1:35:09 東北2
3 本間 理紗 1:37:55 東北4
4 菊池 ひかる 1:44:13 宮城学院女子3
5 水野 綾子 1:44:46 東北4
6 高嶋 智美 1:54:39 岩手県立2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です