日本は女子13位、男子15位-MTB-WOCリレー

MTBO世界選手権は17日、最終レースとなるリレー競技が行われた。女子の部には14カ国(16チーム)が、また男子の部には20カ国(35チーム)がそれぞれエントリーした。

女子の部は1走の皆川美紀子選手が15位で2走の宮内佐季子選手に繋いだが、宮内は大きくミスした模様で順位を1つ落とし16位。3走の加納尚子選手も順位を上げるには至らず、スペインが途中棄権したことにより全チームの15位、公式13位という結果に終わった。

男子の部は第1チーム1走の多田宗弘選手が27位。2走の羽鳥和重選手は順位を1つ下げたが、3走の樋口一志選手が踏ん張り全チームの24位、公式15位のフィニッシュとなった。また名児耶敏也選手、芝田敏仁選手、源後知行選手の第2チームも全チームの31位で完走している。

なお女子の部の優勝はデンマークでこれが初優勝。また男子の部の優勝はロシアで、昨年に引き続いての2連覇となった。

リレー競技のメダル獲得数(男女計)
フィンランド 7 2 2
ロシア 3 4 1
フランス 2 2 1
デンマーク 2 1 1
オーストリア 1 1 2
ドイツ 1 0 0
チェコ 0 5 5
スイス 0 1 2
オーストラリア 0 0 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です