宮内21位で女子は全員完走-MTB-WOCロング決勝

MTBO世界選手権は16日にロング競技の決勝が行われ、日本勢女子は宮内選手が21位で昨年と同じ順位とした。皆川、加納、砂田の3選手はそれぞれ50位、52位、53位と下位を占める結果となった。

ロング競技決勝女子の部は距離30.2km、登距離935m、16コントロールのコースが設けられ、予選で完走した57名のうち1人が棄権し56名が出走した。

日本勢は宮内佐季子選手が21位で昨年と同順位。以下皆川美紀子選手が50位、加納尚子選手が52位、砂田芳子選手が53位で個人競技の日程を終えた。なお優勝はスイスのChristine Schaffner選手(31歳)でロング競技3連覇を達成し通算4勝目。また男子の部は昨年の団体優勝メンバーで今大会スプリント競技でも銅メダルを獲得しているロシアのAnton Foliforov選手(23歳)が個人の部で初優勝を果たした。

また同時開催のジュニア世界選手権(MTB-JWOC)では、ロング競技男子の部で1位と2位のタイム差がわずかに1秒という大接戦が繰り広げられた。優勝したのはフィンランドのPekka Niemi選手(20歳)で、今大会ミドル競技に続き2個目の金メダルを獲得。惜しくも2位となったのはポーランドのMaciej Gromadka選手(20歳)で、昨年の第2回大会ミドル・ロング競技で2位、また第1回大会団体準優勝のメンバーであったが、20歳となりJWOCのラストチャンスであった今年も金メダルを
手にする事はできなかった。

なお男子のB決勝には27名が出走し、多田宗弘選手が1:53:58のタイムでトップとなっている。

W21 Final (57)
1 i-d5a7d6a883d462f32290e224bff7ea45-SUI.gifChristine Schaffner Switzerland 1:54:05
2 i-4ce7ad6927027e5cd5e771b209a7663c-RUS.gifKsenia Chernykh Russia 1:56:42
3 i-a0572bd7d4f2b9dcba066f73d094e7ad-FIN.gifMarika Hara Finland 2:01:13
21 i-7832294a1c41692251376f4378be35f5-JPN.gifSakiko Miyauchi Japan 2:14:17
50 i-7832294a1c41692251376f4378be35f5-JPN.gifMikiko Minagawa Japan 2:53:18
52 i-7832294a1c41692251376f4378be35f5-JPN.gifNaoko Kano Japan 2:57:47
53 i-7832294a1c41692251376f4378be35f5-JPN.gifYoshiko Sunada Japan 3:26:26
M21 Final B (33)
1 i-7832294a1c41692251376f4378be35f5-JPN.gifMunehiro Tada Japan 1:53:58
2 i-8ac10ce1dded19b3558890994bacbcf3-GER.gifMark Huster Germany 1:54:34
3 i-250c16d436aa51fc3efffdf5a6bb2503-POR.gifMario Guterres Portugal 1:55:12
14 i-7832294a1c41692251376f4378be35f5-JPN.gifKazushige Hatori Japan 2:12:20
15 i-7832294a1c41692251376f4378be35f5-JPN.gifToshiya Nagoya Japan 2:21:13
17 i-7832294a1c41692251376f4378be35f5-JPN.gifTomoyuki Gengo Japan 2:40:56
18 i-7832294a1c41692251376f4378be35f5-JPN.gifToshihito Shibata Japan 2:51:42
19 i-7832294a1c41692251376f4378be35f5-JPN.gifKoichi Ono Japan 3:22:13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です