夜を、雨を切り裂いて-O-Games「シャンゼリO」

 O-Games第1日目、第2の種目「シャンゼリO」は5日、同じく茨城県笠間市の『北山』にて行われ、みちの会の高橋善徳が優勝した。

 この日は天気予報では夕方から雨とのことだったので、どういう状態でのレースになるのか心配されていた。スタートの少し前まではそれなりに強い雨が降っていたが、スタート頃になるとちょうど雨は止んでいた。

 昼に行われたオリラントライアルとの間にはノルデックスポーツによる(破格の!)ヘッドライトその他の販売が行われ、夜の競技に備えて購入した者も何人かいたようだ。この日初めて夜の森を走る者、ハセツネやアドベンチャーレース等で走る者とライト談義で盛り上がっていた。

i-0497caf48f5a001c6cdab2168612397d-091206_changeris.jpg

シャンゼリOコース図

 スタートの直後、第1コントロールはいきなりバタフライループの起点。夜という闇の中での地図の読みにくさもあってスタートや1がどこにあるのか見つけるだけでも苦労した選手も多かったようだ。

 夜の森では真っ白なエリアでは見透しも好くしっかり走れるのだが、一旦藪に入ってしまうといきなり難度が高くなる。ライトの光も届かないため、先の状態が読めず、藪の濃さもいまいち分からない。ルート図でいう5-7のループでは多くの選手が方向を見失いさまよっていた。暗闇の中、選手たちの光がアチラコチラで見えるのはなかなか面白い。あぁ、同じところで迷っているんだな。光が止まっている、あそこにコントロールがあるのか?と光からも選手の動きが見えてくる。

 夜の地図読みでは誘導表示がわかりにくかったのか、13の後のテープ誘導(13のあとは1度スタートへ戻る設定)を辿らずに失格となってしまった選手も幾人か。ナイトOでは昼の競技の時以上に慎重に地図を読まねばならないようだ。

 レースの終り頃には再び雨がひどくなってきたが、それでも参加者の顔は一様に笑顔だったのが印象的だった。

速報より、

シャンゼリO
1 高橋 善徳 0:23:01 みちの会 young
2 櫻本 信一郎 0:23:45 京葉OLクラブ
3 神谷 泰介 0:28:13 筑波大学OL愛好会
4 田中 陽希 0:31:53 Team EASTWIND
5 小畑 剣士 0:34:49 クロマニオンズ
6 上野 光 0:35:24 チームインリン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です