晴れても雨でも楽しいレース-金沢大大会

 第25回金沢大学オリエンテーリング大会は17日、石川県加賀市の『加賀海岸2009』にて行われ、ME松澤俊行(松塾)、WE渡辺円香(ES関東C)がそれぞれ優勝した。

 翌日の下宇坂大会と合わせ北陸2日間大会として開催された今年の金沢大大会。テレインは過去にインカレショート、全日本リレー、クラブカップなど数々の名勝負を生み出した『加賀海岸』。難しさと走れる爽快さを兼ね備えたこのテレインに参加者も期待を寄せた。

 優勝したのはMEWEともに日本代表の松澤と渡辺。2人とも2位以下を引き離しての優勝だ。こういった技術とそれを基礎に敷いた速さが必要なテレインではやはり速さ旨さよりも強さが重要なようだ。

 また、ミドル競技のあとには希望者に無料でスプリント競技が提供された。こちらはスプリント仕様のマップではなく、単純にミドル用のマップを拡大したものが使われた。コースの内容もなかなか歯ごたえのあるもので、むしろミドルよりも難しかったのではないかと思うほど。しかしスプリントのスピードと難しさがうまい具合に混ざり合って非常に面白いものに仕上がった。
速いオリエンテーリングを育てるにはこういったコースでの練習が必要なのかもしれない。

 スプリントの間はあいにく雨が降ってしまったが、それも含めて思った以上に楽しい大会となったのが今回の金沢大大会だった。
運営自体には不慣れそうな雰囲気がそこかしこからしたが、大きな問題もなく内容的には楽しく、非常に満足のいく大会だった。
ここ数年はニューマップでの大会開催はなされていないが、今回のような大会が開けるのであれば、今後も開催が楽しみな大会だと言えよう。

i-028194412a4aeaacca85c8b4a2183f80-091017s.jpg

ME 松澤俊行
i-d867d1aa7ed5feae2a5eb189e076d1d6-091017_ss.jpg

スプリントのコース

以下、速報より

ME
1 松澤俊行  0:28:30 松塾
2 山根祥延  0:33:01 大阪OLC
3 吉田勉   0:34:02 みちの会
4 山本真司  0:34:25 ES関東C
5 小暮喜代志 0:34:49 ES関東C
6 大橋悠輔  0:36:06 東北大OLC
WE
1 渡辺円香  0:36:49 ES関東C
2 斉藤早生  0:38:51 チーム白樺
3 酒井佳子  0:39:08 Team Ski-O
4 江幡禎子  0:42:03 東北大OLC
5 本間理沙  0:51:53 東北大OLC
6 鳥羽郁子  0:53:36 OLCルーパー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です