春も遠からじ-ときわ走林会創立5周年大会

 ときわ走林会創立5周年記念大会は15日、茨城県笠間市の『北山』にて行われ、ME加藤弘之(ES関東C)、WE番場洋子(HORIBA)がそれぞれ優勝した。

 2月半ばにして冬は終わりを告げたかと思うような暖かさの中、ときわ走林会の5周年記念大会が開かれた。ときわ走林会は2003年1月1日設立なので、大会開催日時点では実は6年経ってはいるのだが。
細かいことはさておき、比較的若いクラブによる初の大会はオリエンテーリング界全体としても嬉しいところ。

i-78f96fcd1251481193cc906e5dde6b8f-090215_mes.jpg

ME 加藤弘之

 今回のテレインは2006年の東日本大会で使われた『笠間星ノ宮』のすぐ隣のテレイン。比較的道も多く斜面もそれほど厳しくないため、概ねどのコースでも距離に対するアップ率は5%を切っている。

 MEクラスは先週の早大OC大会に続き加藤弘之が優勝。関東リレーから3連勝中だ。細かいナビゲーションを要求されるミドルは加藤も得意な分野であるが、それに加え今回はよく走るコースでもあった。
ミスもやはりあったとは言うが、身体の調子はいいようで、全日本大会へ順調に向かっているようだ。

i-27460153673624c9c275f134dfde601f-090215_wes.jpg

WE 番場洋子

 WEクラスも先週に続き番場が5分差をつけて優勝。加藤も3分差をつけての勝利であり、2人揃って他の選手の一歩前を進んでいるようだ。それでもまだ完璧には遠いらしいので、これから全日本大会へ向けてどう変わっていくのか、また他の選手がどう競うのか、あと1ヶ月が楽しみだ。

 今回の大会はときわ走林会にとって初めての大会開催だったわけだが、その内容は非常にスムーズに進行し、表彰式も予定通り行われ15時前にはほとんどの参加者が岐路についていた。
あまりにあっさりしていて拍子抜けにも思えるが、ときわ走林会のメンバーは2003年の全日本リレー2006年の東日本大会で運営の中枢に深く関わっていた。そのことから考えればこのスムーズさは当然とも言える出来だろう。
今回はクラブ創立5周年という記念の大会だったが、今後も質の高い大会を開催してくれることを期待しよう。

以下、速報より

ME – 5.5km ↑260m
1 加藤 弘之 0:40:50 ES関東C
2 松澤 俊行 0:44:07 松塾
3 篠原 岳夫 0:45:16 渋谷で走る会
4 藤沼 崇 0:46:33 ES関東C
5 村越 真 0:47:02 静岡OLC
6 紺野 俊介 0:47:25 横浜OLクラブ
WE – 4.2km ↑220m
1 番場 洋子 0:39:03 HORIBA
2 渡辺 円香 0:44:43 ES関東C
3 田島 利佳 0:45:03 みちの会
4 松永 真澄 0:46:45 さまんさ
5 石山 佳代子 0:46:52 横浜OLクラブ
6 斎藤 早生 0:47:57 チーム白樺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です