雪上の激闘!-スキーオリエンテーリング真室川大会(1日目)

 アジアで初めて開催されるスキーオリエンテーリング世界選手権大会まで3週間と迫った今月7日、代表選考会を兼ねた真室川スキーオリエンテーリング大会2009が山形県真室川町秋山クロスカントリースキーコースを舞台にして行われ、代表選手入りを目指す強化選手達の熱い戦いが繰り広げられた。

 初日の7日はロング競技が行われ、男子エリートコースでは日本代表エースの堀江守弘(BLUE TAG)が15キロのコースを82分と他選手を圧倒して優勝を飾った。2位にはスキーオリエンテーリング2年目となる田中陽希(EAST WIND)、3位にはフットO代表経験のある高橋善徳(みちの会)が入賞を果たした。女子エリートコースではエースの酒井佳子(札幌農学校)が貫禄のレースで優勝。2位、3位にはスキーオリエンテーリング代表経験のある高橋美和(水篶刈)、白鳥桂子(水篶刈)とベテラン勢が続いた。

i-fc8d615077cd611241384f970bad4714-090207_as.jpg
i-7d0a50025389bd28fe3f61575faa51dd-090207_bs.jpg
i-41ff0d49a9d212b9ef2c2b99986a4fa3-090207_cs.jpg

MEの3枚の地図

 競技エリアとなった秋山クロスカントリースキーコースは天皇杯全日本スキー選手権大会が行われたこともある、スキー連盟公認コースである。その公認コースをベースにスノーモービルで複雑なナロートラックを加えたエリアが今大会の競技エリアとなった。過去数回スキーオリエンテーリングの大会で使われているテラインのため、選手の経験によって多少の有利・不利があった事は否めない。しかし、コースの組み方を工夫し、選手個々の実力がなるべく反映されるよう配慮されていたようだ。男子エリートでは3枚、女子エリートでは2枚の地図が使用された。スキーオリエンテーリングのロング競技ではマススタート形式が取られることが多い。いわゆるワンマンリレー方式だが、トータルでは選手の走るコースは同じとなり理論上は有利・不利は生じない。観戦者にとっても、選手が会場に戻ってくるところで応援したり、順位を確認したり出来る。観戦者視点の競技形式であり、フットOにも取り入れる価値は大いにあるのではないだろうか。

 スキーオリエンテーリングのコース距離はフットOと同じように直線距離で表記される。基本的に道を使うスキーオリエンテーリングではルート距離は直線距離の1.5倍ほどになるという。すなわち男子エリートコースでは22キロ、女子エリートコースでは15キロの距離を滑っていることに注目していただきたい。スキーOのトップ選手はすさまじいスピードでナビゲーションを行っていることが容易に想像できよう。

速報より、

ME – 15km
1 堀江守弘 1:22:51 ブルータグ
2 田中陽希 1:31:16 EAST WIND
3 高橋善徳 1:40:36 みちの会
4 黒田幹朗 1:42:01 横浜OLC
5 山田敦史 1:45:50 青葉会
6 東井透  1:57:37
WE – 10km
1 酒井佳子 1:04:34 札幌農学校
2 高橋美和 1:23:04 水篶刈
3 白鳥桂子 1:31:41 水篶刈
4 大里真理子 2:54:27 アークコミュニケーションズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です