川と岩と藪と-駒ヶ根高原大会スプリント

 駒ヶ根高原大会2008は14日、1日目のスプリント競技が行われ、ME高橋善徳(みちの会)WE加納尚子(朱雀OK)がそれぞれ優勝した。

 今回のテレインは昨年9月に行われた大会の南部分に新規範囲を加えたもの。藪の中の細かい地形、岩石群には悩まされた選手も多かったようだ。
新規範囲へは長い道走りとなるため、その点だけは残念だった。

i-2121b053d994a2a44a972550278c873a-080614s.jpg
ME

 会場は昨年と同じ駒ヶ根ファームスの広場だったのだが、好天の中で日陰が少なく暑さに参っている参加者も多く見られた。林の中に入ればそれほど暑さは気にならないのだが、スプリント競技では開けた部分での走行も多い。
競技時間が1日のうちでも暑くなりやすい14時~15時ごろだったのも暑さを際立たせるものとなったようだ。

 今回の大会では各年代の日本代表選手の合宿も行われ、そのメニューに参加できる合宿プランも設けられていた。このプランでは宿の駒ヶ根高原家族旅行村にて夕方、デュアルスプリントが行われた。
これはバタフライループとなっているコースを2人同時にスタートし、先にフィニッシュしたほうが勝ちという1対1の勝負を行うスプリントだ。夕食前の軽いイベントなのでコースも0.9kmと短く、およそ5分以内のスピーディなレースだった。

i-fd1b0ddc661a9451b4c4512c83df9fe8-window194_bs.jpg
i-5a89f6f80b7975dbb7664520934e3770-window194_cs.jpg

以下速報より、

ME
1 高橋 善徳 0:15:38 みちの会
2 山口 大助 0:15:52 ES関東C
3 松澤 俊行 0:16:06 三河OLC
4 加藤 弘之 0:16:43
5 千々岩 瞳 0:17:04 東北大OLC
6 高田 弘樹 0:17:13 ユニバー
WE
1 加納 尚子 0:17:14 朱雀OK
2 渡辺 円香 0:17:20
3 石山 佳代子 0:18:50 横浜OLクラブ
4 酒井 佳子 0:18:54 Team Ski-O
5 千葉 妙 0:19:13 ときわ走林会
6 朴峠 周子 0:19:15 ときわ走林会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です