3日目!−富士ゴールデン4Days

 富士ゴールデン4Daysは5日、ロング種目が行われ、MEクラスは松澤俊行(三河OLC)がWEクラスは番場洋子(NationalTeam)がそれぞれ1位となった。これまでの成績から6日はチェイシングスタートにより最終レースが行われる。

 今回は『村山口登山道』と『砂沢』を合わせた地図で行われた。砂沢地域を大きく使い、村山口地域を帰ってくるというコースだった。コースは面白く、テレインも白いところを気持ちよく走ることができた。

 今回の大会は省力運営ということもあるが、それでも目に余る点が幾つかあった。MEクラスはAとBの2パターンあったのだが、Aには24番コントロールが地図上に2つあった。そしてその後もフォーキングのループ内でコントロール番号がずれていた。
またコントロール位置を示す丸の中に小さな丸が更に書き込まれており、参加者に混乱を与えていた。地図によっては全体的な色が薄かったりと、もう少し注意してれば防げたミスが多く見られた。省力とはいえ、もう少し何とかならなかったのだろうか。

 不安要素・疑問要素を抱えながらも、明日はチェイシングスタートでの最終レースが行われる。ただ、そんな中でも参加者はみんな楽しそうにオリエンテーリングを楽しんでいた。会場の雰囲気はとてもいい。それが救いか。

 以下、速報より

ME
氏名 所属学年 タイム
1 松澤 俊行 1:30:29 三河OLC
2 加藤 弘之 1:31:25 NationalTeam
3 高橋 善徳 1:33:51 NationalTeam
4 紺野 俊介 1:36:44 NationalTeam
5 小泉 成行 1:37:08 NationalTeam
6 鹿島田 浩二 1:39:19 渋谷で走る会
WE
1 番場 洋子 1:03:44 NationalTeam
2 渡辺 円香 1:12:40 NationalTeam
3 齋藤 早苗 1:17:52 チーム白樺
4 関谷 麻理絵 1:21:27 JWOCスタッフ
5 志村 直子 1:21:35 NationalTeam
6 加納 尚子 1:22:15 NationalTeam

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です