年度初めは金大大会から!−第24回金沢大大会

 1日、毎年4月初旬に行われる金沢大大会も無事24回目を数えた。開催地の石川
県河北郡津幡町は能登半島沖地震の影響も軽微。前日から降り出した雨も朝には
やみ、実に15年ぶりにリメイクされたテレインが多くの参加者を迎えた。

 能登半島沖地震から1週間。もはやOL界の特徴でもあるが、一部では無責任な風
評が横行し、大会は中止でないかとささやかれた。津幡町は能登半島の付け根、
やや西寄りに位置するが、被害らしいものを目にすることはなかった。大会では
災害義援金の募金箱を設置。大会後援には新聞・放送関係の会社も名を連ね、一
般社会に対して大会開催意義のアピールに一役買ったのではないだろうか。

 参加者は例年通り金沢大OB/OGと、北信越・愛知・関西からの来場者が大勢を占
める。中には金大にゆかりがなくても東京から来る人もいた。当日参加者も事前
申込者同様に表彰対象という扱いは、北陸でもごく普通だ。

i-9148fb63a715623389e1e751618e836d-070401_kanazawa1s.jpg
MAクラス1枚目

 雨も上がり、OBを中心に当日申込者が20人には達しただろうか。黄砂で遠景は
望めなかったものの、東日本太平洋側のような高温にはならず、OL日和。テレイ
ンは日本海側ではごく普通に見られる植生だが、きれいな林が固まっている箇所
もある。枝葉は大概乾き、上半身が濡れることはほとんどなかったが、雨の影響
は地面のぬかるみに見られた。

 地図は金沢大大会用に作成された地図としては初めて(?)の植生4段階表記。
晩秋に至るまでは薮が濃く、冬に入ると雪が積もる日本海側では地図調査は困難
を極めるだろう。

 コースは制約の多い中、MAとWA/M40A(同じコース)が地図交換ありの2MAPで組
まれた。この大会以外ではほとんど見られない、同一コントロール複数回使いが
見られる。他のクラスは大胆に距離を抑え、ウィニング30分以内(クラスによっ
ては20分以内)だった。いろいろ意見はあるだろうが、何より制約は大きい。

i-8e5beb3db5f780a3f50559334cc7cd54-070401_kanazawa2s.jpg
MAクラス2枚目

 ほとんどのOB勢にとっても初めてのテレインとなったが、攻略法は他の北陸テ
レインと大差ないと思われる。MAは片山裕典(公認スプリングカップME8位)、WA
は南朋江と、ともに金沢大の卒業生が1位になった。

 会場では例年の金大大会同様、暖かいレモネードを無料サービス、カップラー
メンを販売。斬新な地図名も伝統となりつつある。一方、大会ブログに関連させ
た抽選会、植生4段階表記への移行、数年前から取り入れたe-card……、と革新的
な取り組みも忘れない。早くも来年の大会が楽しみである。

以下、速報より

MA
1.  片山裕典 0:56:00 おいぐす
(参) 天谷翔吾 0:59:32
2.  奥村理也 1:03:36 ウルトラクラブ
(参) 山田貴洋 1:05:23
3.  玉木圭一 1:06:46 屍レーシング
WA
1.  南朋江  0:58:10 おいぐす
(参) 小林美幸 1:00:12
2.  佐藤宏衣 1:35:07
3.  平瀬有希子 1:36:47

One thought on “年度初めは金大大会から!−第24回金沢大大会”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です