月別: 2005年10月

ranking

最新日本ランキング

 京大大会が終了し、日本ランキングが更新されている。カテゴリがCだったこともあり、大きな動きは見られない。  そんな中、女子16位の澤地未来が京大大会で優勝し、前回までの24位から一気にランクアップしている。…

Read More
photo

大雨の波乱−岩手大大会

 前日からの雨が更に激しくなり、大会開催すら危ぶまれた岩手大大会、苦しいレースを制したのはM21A奥村理也、W21A酒井佳子だった。  激しい雨、ぬかるんだ斜面、広大なテレインにタフなコース…出走者の4割…

Read More
photo

初の大会開催!−岩手県立大大会

 「あー、ドキドキする。」スタート役員が繰り返し言っていた言葉が印象的だった。創部3年目で初の大会開催となった岩手県立大大会が22日、岩手県滝沢村にて行われた。  初めての大会開催なのに、残念ながら天気は雨。…

Read More
photo

世界選手権 日本代表チーム報告書

 8月に愛知で行われた世界選手権の日本代表チーム報告書が発行された。これは世界選手権の選手強化基金に寄付してくれた人に送られることになっている。よって、一般の販売はしていない。 選手強化基金への寄付は1口10…

Read More
ranking

最新日本ランキング

 東日本大会・千葉大OLC杯が終了し、日本ランキングが更新されている。両大会とも他のイベントやNT合宿と重なったことから上位選手の参加が少なく、カテゴリーCだった。…

Read More
competition

厳しい厳しい釈迦谷 千葉大OLC杯

 やはり釈迦谷は厳しかった。千葉県でも難テレインで知られる『釈迦谷II』の修正マップで開かれた千葉大OLC杯は複雑な地形と雨という2つの試練を参加者に与えていた。  敢えて「大会」という名称を使わなかった今回…

Read More
photo

3イベント同時開催 京葉OLC大会

 千葉県千葉市の『稲毛海浜公園』にて第24回京葉OLC大会が開かれた。心配されていた雨もレース中はほとんど降ることなく、かえって暑い中でのスプリント競技となった。  優勝はM21 今井直樹(えびすで走る会)、…

Read More
photo

高橋・田島が優勝 東日本大会

 さわやかな東北の秋晴れとなった10月9日、宮城県総合運動公園グランディー21のスタジアム横の広場を会場に東日本大会が開催された。テレインの『岩切』は2001年3月の全日本大会でも使用された『高森城址』を宮城…

Read More
japan

ワールドカップ速報:リレー

ワールドカップ最後の種目リレーが行われた。日本チームは男子23位、女子13位。男女ともに1走から出遅れてしまったようだ。…

Read More
japan

ワールドカップ速報:ロング

 やはりロングの壁は更に高いのか。イタリアワールドカップ、6日はロングディスタンス競技が行われた。日本代表選手は最高で皆川の43位だった。ワールドカップポイントまでもう少し、ではあったのだが…。…

Read More