インターハイin静岡大学

 静岡県の静岡大学を会場に、インターハイが開かれました。1日目に団体戦が行われ2日目は個人戦が行われました。両日とも天気に恵まれ、春の陽気の中を高校生たちが競い合いました。

 団体戦の優勝は桐朋、1走から1位を守り続け、そのままゴール。個人戦は接戦となりましたが、やはり桐朋の斎藤翔太選手が2位の古谷選手を振り切り1分差で優勝です。



 インカレと比べ悲しいほど盛り下がると噂のインターハイでしたが、確かに練習会か対抗戦のような雰囲気でした。どうにかしたらもっと盛り上がる大会にできる気はするのですが…。
そのほか、気になった点をいくつか。
・飲食禁止の会場で、それを守らない守らせない運営者。
  (運営者のテーブルの上に食べかけのお菓子やジュースが…。やべ、俺全然食ってるよ!という運営者の声も聞こえた…。)
・会場の雰囲気はやっぱり高校生っぽい?
  (カードゲームや体育館の電源を延長コードで延ばして音楽聴いてたり…。悪いとは言わないが…。)
・併設は当日申し込みのほうが多い。
・プログラム記載の距離とアップとの差が大きい。
  (併設の話。プログラムでは距離3.7km登距離145mだったが、デフは距離4.410km登距離記載なし。自分なりのベストルート登距離を測ったら約380m…。公式掲示板には距離変更に関する記載なし。)
こういったことを含めて考えても、やっぱり大会というよりは練習会のような、両者に甘えがあるような雰囲気が感じられました。
が、少し待った後の表彰式では規模が小さいからか、会場全体がまとまっており、拍手も大きく、気持ちのいいものでした。終わりよければすべてよし、というわけではありませんが、このおかげで行って良かった大会と思うことが出来ました。
インターハイは年々参加校も増えているらしいので、今後に期待ですね。

 以下、速報より
団体戦(3/26)

– 選手権クラス –
1
桐朋EA
[2:42:16] +0:00:00 
 高野圭司  0:50:58 ( 1) 0:50:58 ( 1)
 山澤翔   0:56:57 ( 2) 1:47:55 ( 1)
 斎藤翔太  0:54:21 ( 1) 2:42:16 ( 1)
2
武相EA
[3:08:34] +0:26:18 
 真鍋智史  1:05:44 ( 3) 1:05:44 ( 4)
 宇野夏樹  0:56:08 ( 3) 2:01:52 ( 3)
 長屋潤   1:06:42 ( 5) 3:08:34 ( 2)
3
麻布EA
[3:26:37] +0:44:21 
 三宅茂太  1:06:14 ( 4) 1:06:14 ( 5)
 民部貴士  1:11:40 ( 6) 2:17:54 ( 4)
 山田航平  1:08:43 ( 5) 3:26:37 ( 3)

個人戦(3/27)

ME
1 斎藤翔太  0:49:28 桐朋
2 古谷嵩   0:50:27 桐朋
3 山澤翔   0:50:33 桐朋
4 宮地慧   0:51:16 東海
5 高野圭司  0:51:21 桐朋
6 井川一樹  0:52:41 桐朋
L(併設)
1 李敬史   0:45:23  
2 石澤俊崇  0:50:01  
3 寺垣内航  0:50:05  
4 田濃邦彦  0:52:22  
5 多田宗弘  0:55:22 多摩OL
6 落合志保子 0:56:08  



《参考》
 »第18回インターハイ…http://www.geocities.jp/ih_orienteering/